NEWS加藤成亮くんのことや 日常のことなど書いていきます。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

シゲin24時間テレビ!

2009-09-02 Wed 00:21
9月に入っても、まだ24時間テレビの興奮冷めやらず!
覚えているうちに、観覧した感想を書きたいと思います。
とーっても長くなってしまいました。
散漫な文章ですが、よろしかったらどうぞ!

★沢山のご訪問&拍手ありがとうございました!
拍手コメントくださった方に、コメント欄で返信いたしました(9月7日)★


24時間テレビの一日目、私は仕事でテレビを見れませんでした。
仕事と言っても辛い仕事で…。
24時間テレビ前の数日は仕事で大きなミスをしてしまい、
お客様からクレームを受けて辛かったです。
数日ご飯が食べられず、幸か不幸か
24時間テレビ前に3キロほど痩せました
でも24時間テレビ一日目の夜、お客様からのお許しが!
とっても嬉しかったです

24時間テレビ、一日目のシゲと言えば猪木さんからのビンタ!
本当にビンタするんだ~!とびっくりしました
でも「ビンタしてくれてありがとう!」とも思ったり。
申し訳ないけど、シゲのあたふたする様子も、
覚悟してぶたれたところもすっごくよかったです
普段バラエティに出るシゲをなかなか見ることがないから、
とても新鮮でした
シゲの素の心の動きが伝わってきて、
面白いのと同時に胸がキュンとしました。
↑…笑ってください

24時間テレビ二日目は、会場でシゲを堪能しました
会場に私たちが入ったのは朝7時過ぎ。
その時、前にはこやシゲを除いたNEWSメンバーがいました。(多分)
NEWSメンバーが目の前にいることに『きゃ~!いる~!』と興奮
そしてシゲが出てきたのは確か9時半過ぎ。
シゲが目の前に座っていることに、内心大興奮
考えてみれば、12時間近くシゲをずーっと見ていられることなんて
ほとんどないですからね。
この貴重な機会に、胸がドキドキしっぱなしでした。

…のはずなのに、数時間したらシゲやNEWSメンバーが前にいることにも
慣れきってしまったのです
人間の慣れって怖いですね…。
NEWSが目の前にいるのに、ご飯を買いに行ったり
休憩に行ったりする贅沢な時間。
うーん、今考えるともったいない!
でもあのイスに座り続けて、ノンストップでシゲを見続けるのは
やっぱりつらかったです。

そんな気持ちを一気に吹き飛ばしたのが、
シゲのスティールパン演奏でした。
始まるちょっと前のコーナーから、
シゲが次に向けて緊張してるのがわかってドキドキ。
そしていよいよコーナーが始まる前、
シゲが上を向いてブルッと震えたのが忘れられません。
多分演奏に向けて、気合いを入れていたのだと思います。
その姿勢が本当に素敵で、私は一気にシゲに引き込まれました。

VTRはテレビでOAされたように、コミカルで面白かったです。
それを見ながら笑う、シゲやメンバーが素敵でした
「頭でわかっていても体がついていかない」というコメントが
シゲらしいなぁと思いました。シゲは自分で自分をよくわかっている!
シゲが現地に行って、何時間もかけてスティールパンを作ったことを
初めて知ってびっくり!
きっとテレビに映っていないところで、
シゲはもっともっと頑張っていたんでしょうね。
練習にも沢山の人が関わって、
シゲが頑張って取り組んでいたことがよくわかりました。
「手首が固い」というコメントでは
会場全体に「あ~…(なるほど)」という空気が流れました。
ファンの皆もシゲをよくわかっている!
思えば、ファンの皆でNEWSのメンバーを
こんなに長い時間一緒に見ることもなかなかないんですよね。
他のファンの方と空気を共有できたのは、
今回とても嬉しかったです。

いよいよ演奏に向かう時、メンバーが温かくシゲを
見送ってくれました。
小山くんはシゲに笑顔で何かを話しかけ、
シゲの背中をポンと叩きました。
そのシーンだけでもう胸がいっぱいに…。

演奏が始まる直前も、シゲは天を仰いで神経を集中させていました。
(それはテレビにも映っていましたね!)
そして演奏が始まった瞬間…会場全体が青い光に包まれました。
ステージの青い光が本当にきれいで、ジーンとしました。
あの空気感は、とても言葉では言い尽くせません。
あの空間にいられたこと、とても幸せに思います。
今思い出しても胸が熱くなります。
最初のシゲのソロ『LET IT BE』では
初めて聴くスティールパンの音に驚きました。
とても澄んでいて、心に響く音。
緊張しているシゲを気遣う、隣の姉妹や周りの人たちから
温かい気持ちが伝わってきました。
そして会場の緊張感も。
演奏が始まった時、会場も一つになったと思います。
『負けないで』は、前奏の素晴らしさに驚きました。
…実は私、かなり曲が進むまで
この曲が『負けないで』だと気付かなかった
アレンジが違うだけで、曲の印象って変わるものですね。
そして私が一番感動したのが『We Are The World』の演奏。
いったん隣の姉妹の演奏が入って、
上を仰いだシゲが笑顔になって。
シゲの緊張がほぐれてきて、楽しんでいるのが伝わってきました。
そして周りの皆も、とても楽しそうで
演奏している人たちだけでなく、見ているメンバーも。
特にヤマピーが、笑顔でシゲの演奏に
手拍子をしているのに私は大感動!
ヤマピー始め、メンバーのすごく楽しそうな様子が
本当に本当に嬉しかったです
終わった瞬間もヤマピーやメンバーがシゲを
温かく迎えてくれたのに、大感動でした。
モニターに映ってなくて会場では見えなかったのですが、
シゲが泣いたのは伝わってきました。
うまく言えなくて、でも一生懸命に自分の感動を伝える
シゲに私も大感動!
シゲが演奏を無事に出来たことで気持ちが緩んで、
私も涙があふれ出ました。
『シゲが頑張ったことが成し遂げられて
本当によかった!』と安心したのです。
そしてシゲの心のこもったコメントと、
シゲを気遣う周りの優しさに涙涙。
以前、友達のバイオリン演奏を見て
泣いたことを思い出しました。
シゲが泣いたのを見て、私もお友達も涙。
私の隣に座った知らない方にも、
あとで気遣ってもらいました。
「シゲ、うまく出来てよかったですね~!」と。
お友達や隣の方の気遣い、本当にうれしかったです

24時間テレビに対して、批判的な意見を述べる人も多いと思います。
かくいう私も、そう思っていました。
偽善じゃないかとか、同情を誘っているのではないかとか。
でも今回実際に見て、その見方が変わりました。
皆で力を合わせて努力していくことが大事。
24時間テレビはそれを教えてくれたように思います。
その『皆』には障害者や病気の人も、
そしてシゲや私たちも含まれていて。
何かを始めるのにはきっかけが必要。
今回私も「頑張ろう」と思うきっかけをくれたのが
24時間テレビでした。
会場にいて番組を見ていた人たちは、
NEWSに関係ないコーナーでも真剣に見て涙していました。
「ジャニオタが場をわきまえないで騒ぐ」という声も聞きますが、
実際見に行くとその要素は少なかったように思います。
あの場に行った人たちに、そしてテレビを通して見ていた皆に、
24時間テレビは色々なことを始めるきっかけをくれたと思います。

NEWSの番組での位置づけについても色々な声があるようですが…
今回のNEWSは番組のパーソナリティとして
きちんとわきまえて番組に取り組んだと思います。
メンバーの手紙がなかったのはファンとして残念ですが、
24時間テレビは『NEWSの番組』ではないですからね。
でももう少し具体的な言葉が聞けたらもっと嬉しかったです。
番組が終わってからのメンバーからの言葉が、
それぞれの実感がこもっていて素敵でした。
シゲは「見に来てくださったのが皆さんでよかった」と
言ってくれて。その場にいる私たちに向けて気遣ってくれたのが
よくわかって、胸がいっぱいになりました。
多分テレビで言ったら、また違う言葉になったかもしれませんね。
吾シゲの其の弐拾では、テレビで応援していたファンにも
シゲからの感謝の言葉が書かれていて素敵だったと思います

それだけでなく、シゲやメンバーが周りに対して
気配りをしているのが随所でわかりました。
当然かもしれませんが、他の出演者やスタッフさんに
頭を下げる姿に『NEWSってプロなんだなぁ』と
改めて実感しました。
具合が悪そうな亮ちゃんに声をかけたり、
ヤマピーとシゲが仲よさそうに談笑していたり。
亮ちゃんが周りの人やスタッフさんに頭を下げながら
後ろにひっこむ場面もありました。
いつも私が見ているのはテレビに映るNEWSだけど、
その周りで沢山の人が仕事をしている。
コンサート以外では見ることのなかった場面に感動しました。
イモトさんの絵を描いた、マラソンゲートが出来ていく過程も
興味深かったです。私の席は比較的マラソンゲートが近く、
一枚一枚の写真もよく見えました。
その中にはNEWSやシゲの写真も!
シゲの写真がとても素敵で、欲しいなぁと思いました。
あれ、ショップで売ってくれないですかね
スタッフさんがずーっと頑張って写真を貼り合わせていく姿に脱帽。

NEWSとは全然関係ないけど、
谷村新司さんの『チャンピオン』を聴けたことが嬉しかったです
ゆずや爆風スランプなど、なかなか普段見れないアーティストを
沢山見られたのも嬉しかった!
24時間テレビ後、私のBGMは爆風スランプの『旅人よ』になりました
テレビを見ていた普段NEWSに興味のなかった人が、
そんなふうにNEWSを聴いてくれたら嬉しいなぁと思いました。

シゲに大感動しただけではなく、
番組の全体に感動しっぱなしでした。
特に最後のイモトさんのゴールは、心配していた分嬉しかったです。
(でも『負けないで』を歌いっぱなしとか、
イモトがんばれコールはちょっと辛かった
イモトが頑張っているのがわかるから、
頑張ってと言ったり歌を歌うのは軽々しいように思えたのです。
場がもたないのかもしれないけど…)
会場ではてごちゃんのハグはよく見えなかったのですが、
イモトを抱きしめたのはわかりました
その瞬間「よかったね~!」という気持ちで歓声を上げてしまいました。
…でも、ネットでは「ジャニーズファンが嫉妬の声を上げた」的な
意見が多いらしいことにびっくり!
あの場では、そんな雰囲気じゃなかったのに…。
一場面だけ切り取ると、思ってもみない見方をされることに驚きました。
てごちゃんの優しい微笑みと涙はとても素敵だったし、
会場にいた皆が優しさを共有できたと思います。
それが伝わらなくて、本当に残念です。

ジャニーズファンが悪く言われてしまうのは、
あまり良くない行いをするところが目立ってしまうからかもしれません。
今回も、メンバーが移動すると席を移動する人が
若干いました。周りの人のことを考えると、そんなことはできないはず。
24時間テレビでNEWSや皆にもらった優しい気持ちを大事にして、
私たちファンももっと優しい人になれたら…と思いました。

そして今回、シゲの真摯な姿勢に触れて
シゲのことをもっともっと大好きになりました!
思えば、シゲが素で頑張っている姿を見ることって
なかなかないと思うのです。
コンサートや舞台でもその姿勢を垣間見ることはできます。
でも見れるのは、シゲが何かを『演じている』姿。
今回シゲ自身が何かに取り組む過程と
現場を見られたのは、かなり貴重なことだったと思います。
それを目の前で見て、私のシゲに対する気持ちは大きく動かされました。
率直で飾らない、一生懸命なシゲが大好き。
辛い時にこの映像を見たら、すごく頑張れそうです。
実際何度も何度も見て、何度も泣いてしまいました。
大きな元気をくれた、シゲに、NEWSメンバーに感謝します!
スポンサーサイト
別窓 | NEWS | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

<<ドクターフィッシュ! | 有明の月(別館) | 最高!24時間テレビ>>
この記事のコメント
★09/02 21:48に拍手コメントくださったCさん★
はじめまして!丁寧なコメント、どうもありがとうございました。
読んでいただけて嬉しいです。
また是非遊びにいらしてくださいv-22
今回の24時間テレビでNEWSが、そしてシゲがますます
好きになりましたv-344
これからも一緒にシゲを、NEWSを応援していきましょう!
2009-09-07 Mon 03:55 | URL | ぺぺ #ZwrR3Onw[ 内容変更] | ∧top | under∨

観覧に行かれたのですか!
羨ましいですi-233

24時間テレビ
感動しました!
シゲの涙ぐむ姿
とっても素敵でした!


とっても意味のある
24時間テレビ
でした^^!
2009-10-09 Fri 18:37 | URL | きき #qvm/YiIE[ 内容変更] | ∧top | under∨
★ききさんへ★
2日目を見に行っていました。
もちろんテレビには映っていないですi-229
24時間テレビ、色々なことを考えるきっかけに
なった素晴らしい番組でした。
自分にできることから、コツコツ、一生懸命
頑張ることが大事ですよね。
2009-10-12 Mon 00:37 | URL | ぺぺ #ZwrR3Onw[ 内容変更] | ∧top | under∨
★10/13 14:53に拍手コメントくださったhさん★
はじめまして!拍手コメントありがとうございました。
記事をじっくりお読みいただき、ありがとうございます。
またお時間ございましたらいらしてくださいね。
受験、頑張ってください!
インフルエンザ、流行っていますが
大人は大丈夫だと信じています。
まずは予防に努めないと…ですね。
お互いインフルエンザには気をつけつつ、
シゲを応援していきましょう!
2009-10-28 Wed 04:06 | URL | ぺぺ #ZwrR3Onw[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 有明の月(別館) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。