NEWS加藤成亮くんのことや 日常のことなど書いていきます。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

トラブルマン・第一話感想

2010-04-14 Wed 01:53
シゲの主演ドラマ『トラブルマン』が始まりました!
予想よりもはるかに面白い、スピード感あふれる展開!
ちょっと遅くなってしまいましたが、以下感想です。
物語のOPは炎のついたタイヤが転がり、背中に火がついた人たちが走る姿からスタート。
そして、何かに向かって走るシゲの映像から始まります。
最近走魂で見慣れた(?)シゲの疾走姿、ドラマでも決まってます?!
顔が血まみれなのもカッコいい!
流血している男子に萌えてしまうのは私だけでしょうか
走ってきたシゲは土手で倒れこみます。
倒れたシゲを気に留めず、走りさる野球少年達。
シゲの目にはタンポポが映ります。そして遠くに女の子の残像が…。
…この女の子、最初私は友だちのBルちゃんに似てると思ってしまいました
Bルちゃんの方がずっと美人ですけどね!

場面変わって、サラリーマン姿のシゲ。
シゲが演じるのは徳田一男くんという保険会社のサラリーマン。
保険が降りるよう、色んな人のために奔走しています。
シゲのスーツ姿といい人そうな笑顔がステキ!
黒いスーツを着ていると、シゲがいかに細身かわかります。
商店街を歩く時も、子どもにボールを取ってあげたり
困った人を助けながら進む徳田くん。
子どもに笑いかけた笑顔が優しそうな雰囲気を醸し出してました

会社に戻った徳田くん、おばあちゃんのために保険が降りるよう奔走します。
この時のおばあちゃんの「ありがとう」という言い方が私としてはツボ!
徳田くんに奔走してもらったら、私も特上の「ありがとう」を言っちゃう!
でもそのせいで、徳田くんは会社から解雇されてしまうのです
土手でたそがれる徳田くん。
土手

ここは、友だちがたそがれたいといっていた土手?!
でもちょっと草ぼうぼうだな~。

失意のままアパートに帰った徳田くん。
何故か部屋の前にはやくざが!
他の部屋では暴行されかけている女性や、
押入れから死体が出てきたり、拳銃があったりとものすごい展開。
挙句の果てに、皆2階からボンボン飛び降りて出てくし!
(実は下に布団が敷いてあるのですが)
謎の男が出てきて「私が誰か教えてくれ!」と言ってきます。
「てめぇ、おかしいんじゃないの?」と言われ、
「そう、私の頭はずっとおかしいんだ」と答える男。
一体何なの?!何が起こるの?!
…というところで、第一話は終了です。

ここで入るNEWSの曲『BE FUNKY!』がカッコいい!
こういう曲を待っていた!歌詞がすごく前向きでいいです。
もしかして歌いだしはシゲ?!
この曲、シングルで発売してほしい!絶対大ヒットしちゃいますよ!
曲調がちょっと私はV6っぽいと思いました。
ドラマもV6の映画『ホールドアップダウン』を彷彿させます。
ってことは、今後も面白いに違いない!

第一話を見るだけだと、まだわからないことばかりです。
SABU監督が思うテーマがきっとあるのだろうと思うのですが。
日常と非日常は紙一重ということなのかな?と私は思いました。
帰ったらヤクザがいる…みたいなことはめったにないと思うけれども、
『何も変わらない』日常なんて本当はないんですよね。
そして『普通』って何だろうとも思いました。
実は『普通』の人なんてのもいないですよね。
皆違っていて、皆を貫く『普通』なんて多分どこにもないのです。
だとすると、このドラマの中では一番『普通』に見える徳田くんが
一番普通じゃないということになります。
自分が過ごしている『日常』や自分が信じている『普通』は
実は違うのではないか。
それを突然突きつけられた徳田くんの戸惑いを、
シゲはうまく演じていたと思います。
シゲの多少のぎこちなさや必死な走りが、
戸惑いを強く印象づけてくれました。
これからどんな展開になるんだろう?
そしてシゲが演じる徳田くんが、
どんな表情を見せてくれるんだろう?
『トラブルマン』、今週もとても楽しみです!
スポンサーサイト
別窓 | 加藤成亮くん | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

<<GW☆ | 有明の月(別館) | 今年も桜はキレイです>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 有明の月(別館) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。