NEWS加藤成亮くんのことや 日常のことなど書いていきます。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

受験の神様・第8話

2007-09-08 Sat 22:18
ドラマ『受験の神様』、
今週は「物語の心情の変化」がテーマでした。
物語文の心情については、どう教えるべきか私も悩みます。
「テスト問題を解く」という意味では、心情の変化も
ある程度はパターン化できます。しかしそれでいいのか…。
今週は道子先生が初めて涙を流しました。
道子先生が毎週病院に通っている理由が
来週は明らかになるかな…?
後期の授業が始まって、ずっと私は悩んでおります。
以前書きましたが、桜蔭クラスの子達の国語。
皆少しずつ成績があがり、ギリギリ偏差値60くらいまで
取れるようになってきました。
ここまでは「パターン」を入れて作り上げてきた成果が
出たと思います。
でも文章によってシチュエーションや問われ方が変わったら、
彼女達は対応できるのか…?不安がよぎります。
たとえば、桜蔭クラスに「アユミさま」と呼ばれる女の子がいます。
彼女はお父様のお仕事の都合で、幼少期を外国で過ごしました。
ステキなご両親、裕福で恵まれた理想の家庭。
そんな中で愛に包まれて育った彼女。
なんと彼女は、「嫉妬」という感情を知らないそうです。
人を恨んだり憎んだりする「負」の感情を知らない。
そんな彼女に、約半年かけて物語の「心情のパターン」を
入れ込みました。
頭が良く努力家の彼女は、パターンは身につけました。
でも使い方がとんちんかん。
やはりある程度の経験や実感が伴わないと
心情の理解は無理なのでしょうか…。
そんなことをあれこれ考える今日この頃、
なかなかタイムリーな内容でした。
スポンサーサイト
別窓 | お仕事 | コメント:7 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

<<受験の神様・第9話 | 有明の月(別館) | 受験の神様・第7話>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-09-11 Tue 04:30 | | #[ 内容変更] | ∧top | under∨
ぺぺさん、こんばちわ!
コメント、ありがとうございましたi-189
メールもありがとうございますi-176
15日はお会いできなくて残念ですi-241
でも今度会うときは・・・おソロの長Tでお会いましょうか?(笑)
でも実はあのシャツ、私も似合ってなかったんですけど・・・i-229
まぁ、自己満ですねi-87(笑)

受験の神様は見ていないのですが、ぺぺさんの教えてらっしゃる子供さんに興味を持ってしまいました。
「嫉妬」の感情を経験しなくてすむ人生を送ってこられるなんて、夢のようです。
やっぱり経験しなければ『人の心』は理解できないのでしょうね・・・
でもマイナスの感情を知らずにすむならテストで間違えてもその方がいい気もしますし・・・難しいですねi-202
これからもお仕事、頑張ってくださいi-189i-86
また遊びにきますネ♪♪i-179

2007-09-11 Tue 21:37 | URL | めいりん #mQop/nM.[ 内容変更] | ∧top | under∨
ご無沙汰してます!

物語文の解説は難しいですよね。実感が~ってとこは特に納得でした。僕の場合は中学男子に女の子の恋愛に関する感情を解説するのが苦手ですわw
聞いてる本人はポカーンとしてるし・・・
2007-09-13 Thu 14:18 | URL | たかじん #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
☆9月11日にコメントをくださった方☆
色々ありがとうございます!もしよかったら
内緒コメントにてメールアドレスを教えてください。
色々お話おうかがいしたいです。

☆めいりんさん☆
ご訪問&コメントありがとうございます!
あのシャツ、めいりんさんは似合いそうですよ~。
今度是非お互いに着てお会いしましょう☆
さて、私も「マイナスの感情」は知らなくて
いいものかどうか悩みます。
もしかしたら彼女は今後もそのまま
生きていけるかもしれません。
でも壁にぶつかった時にどうなるのか心配…。
私に出来るのは「問題の解き方」として
気持ちを教えることと、
自分の経験をお話することぐらいで。
全力で彼女を守りたい反面、マイナスの感情を
知り、それを乗り越えて深みのある女性に
なってほしいとも思ったりします。難しいですね…。

☆たかじん先生☆
男子に恋愛感情を説明するのは難しいですね~。
この前生徒のお母さまに「先生、うちの子に
恋を教えてやってください!」と言われ、
「え~!いいんですかぁ~!!!」とあせりました(笑)
2007-09-18 Tue 01:03 | URL | ぺぺ #MGFXoS2E[ 内容変更] | ∧top | under∨
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-09-18 Tue 14:10 | | #[ 内容変更] | ∧top | under∨
広の読んだ本
僕は受験の神様をたまに見ます。広の祖父が亡くなった時の話のことなんですが。広が泣きながら読んでいた重松清の小説の題名を教えてください。色付きの文字
2007-09-22 Sat 16:53 | URL | 馬鹿な受験生 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
☆馬鹿な受験生さん☆
ご訪問&コメントありがとうございます!
広が読んでいたのは重松清さんの「タオル」という小説です。
文藝春秋社の「小学五年生」という本に収録されています。
麻布中学の平成17年の入試に出題されました。
当時はまだ本になっておらず(雑誌で発表されたのみ)
話題になったようです。
機会があったら、内容について記事にしたいと思います。
2007-09-22 Sat 23:16 | URL | ぺぺ #ZwrR3Onw[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 有明の月(別館) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。